縦割り110番とは何か?考えられる通報事例や連絡先はどこ?

河野太郎氏の縦割り110番が注目されていますね。

そこで、今回は、縦割り110番とは何か?考えられる通報事例や連絡先はどこにあるのか?について、見ていきます。

 
スポンサーリンク
 

縦割り110番とは何か?過去の事例から解説してみた!

 河野太郎行政改革担当相は17日、縦割り行政や規制の弊害に関する情報や苦情を受け付ける「行政改革目安箱」(縦割り110番)を開設したとツイッターで発表した。  河野氏の個人サイトに投稿用のフォーマットを設置。届いたメッセージは全て河野氏自身が目を通すとしている。「縦割り110番」は菅義偉首相が河野氏を行革相に任命するに当たり、検討を指示したばかり。  河野氏はツイッターに「無駄な規制、仕事を妨げている規制、役所の縦割りで困っていることなど情報をお送りください」と投稿。「霞が関の住民からのインプットも歓迎します」とも記し、中央官庁で働く公務員に「内部通報」を促した。  首相は16日の就任記者会見で「規制改革をこの政権のど真ん中に置く」と宣言。河野氏に「例えば『縦割り110番』みたいな、国民から現実に起きていることを(募集し)参考にしたらどうだ」と提案したことを明らかにしていた。

出典:https://news.yahoo.co.jp/pickup/6371367

この、縦割り110番というのは、行政縦割りの弊害についての通報を受け、今後の対応の参考にする取り組みのことです。

そもそも、「縦割りって何?」と思う方もいるとおもいますので、おさらいしていきましょう。

縦割りとは、「組織的な上下関係を中心に運営され、横の連絡をもたないこと」という意味があります。

これを政治と組み合わせると、よく「縦割り行政」とも呼ばれていますね。

縦割り行政については、ぜひ、wikipediaをご覧ください。

wiki

尚、この縦割り110番に寄せられた意見は、河野太郎氏本人がしっかり、目を通すということなので、安心して意見を送ることができますね!

河野太郎氏のツイートはこちら↓

 
スポンサーリンク
 

縦割り110番の考えられる通報事例や連絡先はどこ?

縦割り110番で考えられる通報事例はどのようなものが挙げられるのでしょうか?

ネットのリアルな声と共に見ていきましょう。

縦割り110番の連絡先ですが、以下の、河野太郎公式サイトに「行政改革目安箱(縦割り110番)」として、お問い合わせフォームが開設されています。

行政改革目安箱(縦割り110番)

 
スポンサーリンク
 

「縦割り110番とは何か?考えられる通報事例や連絡先はどこ?」まとめ

今回は、河野太郎氏の縦割り110番について、見ていきました。

今後、この縦割り110番については、まだまだ注目されそうです。

 
スポンサーリンク
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました