台風9号JTWC米軍基地の進路予想図は?2020 進路は上海方向?8月31日以降はどうなる?

台風9号発生し、日本への影響に注目が集まっています。

そこで、今回は、JTWC(米軍基地)の進路予想図から、8月31日以降の進路は日本を通り、上海方向へ向かっているか?について、見ていきましょう。

 
スポンサーリンク
 

台風9号JTWC米軍基地の進路予想図は?2020 進路は上海方向?8月31日以降の進路はどうなる?

28日(金)午後3時、フィリピンの東で台風9号が発生した。
台風の中心気圧は996ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルで、ほとんど停滞している。

台風は、今後発達しながら北上し、30日(日)には暴風域を伴う見込み。
31日(月)から9月1日(火)にかけて、非常に強い勢力で沖縄本島地方に最も接近するおそれがある。
沖縄では、旧盆の時期にあたる。沖縄のお盆は旧暦の7月13日~15日で行われ、今年は新暦では8月31日から9月2日となる。
昨年も旧盆初日に本島地方や大東島地方が台風10号の強風域に入ったが、今年の台風9号は、特に旧盆初日~中日にあたる8月31日~9月1日にかけて雨風ともに強まるおそれがある。
大雨や暴風、高波のほか、9月2日ごろは大潮の時期にあたるため、高潮にも警戒が必要となる。早めの台風対策を心掛けたい。

出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/d3b3bfa7cb354f80360412203bf93daa782c0520

それでは、台風9号をJTWC(米軍基地)から、進路予想図を見ていきましょう。

まず、JTWC(米軍基地)を見るときは、3つの箇所を確認することで、日本への影響を含めた進路予想図を見ることが出来ます。

出典:JTWC

まずは、日本への到達時間です。

JTWC(米軍基地)はアメリカの時間で表記されているため、日本への影響を含めた進路予想図となると、表示されている時間に+9時間することで、日本への到達予想時間を確認できます。

今回の台風9号をJTWC(米軍基地)で表記されている時間に+9時間すると、以下の時間が台風9号メイサークの日本への到達予想時間になります。

・8月31日午後3時に沖縄を直撃

・9月1日午後3時には、沖縄全域が暴風域になります。

・9月2日午後3時には、九州を横切るように進行(予報円に入っているため、注意が必要)

・その後、直進する形で進行し、上海・韓国方向へ進行

 

予報円内での、色別の風速は以下の通りです。

赤色:風速34ノット(16m/s)強風域

茶色:風速50ノット(25m/s)暴風域

紫色:風速64ノット(32m/s)暴風域

 

次に風速について、見ていきます。

出典:JTWC

風速は、JTWCで表記されてる「WINDS○○」で、瞬間風速は「GUSTS TO ○○ KTS」が該当します。

※○○には数字が入ります。

ですので、台風9号が沖縄に直撃する8月31日のものを確認し、そこに「2(半分にする)」を割ることで、日本での風速、瞬間風速を確認することが出来ます。

 

ここから、日本における台風9号の風速、瞬間風速を見ていくと、以下の数値となります。

・沖縄に直撃する8月31日時点では、風速50m/s、瞬間風速(突風)は、62m/sです。

・沖縄全域が暴風域になる9月1日時点では、風速55m/s、瞬間風速(突風)は、67m/sです。

・予報円にはいっている九州付近を通過する9月2日時点では、風速50m/s、瞬間風速(突風)は、62m/sです。

つまり、8月31日午後3時から翌日9月1日午後3時には、ピークを迎え、9月2日からは、少しずつ風は弱まることが予想できますね。`

 
スポンサーリンク
 

台風9号のECMWF(ヨーロッパ中期予報センター)の進路予想図と気象庁・日本気象協会の情報は?

それでは台風9号の進路予想図をJTWC(米軍基地)以外のサイトからも見てみましょう。

ここでは、ECMWF(ヨーロッパ中期予報センター)の情報を見ていきましょう。

台風9号のECMWF(ヨーロッパ中期予報センター)の進路予想図は?

まずは、ECMWF(ヨーロッパ中期予報センター)から見ていきましょう。

今回ご紹介しているのが、米軍基地に対し、ヨーロッパの気象機関が公開しています。

10日先の予報まで、確認できますが、この記事でも、説明している通り、JTWC(米軍基地)の情報では、9月2日からは、弱まる傾向なので、沖縄へ到達すると予想されている8月31日~ピークを迎え、弱まり始める9月2日まの情報を見ていきましょう。

まずは、到達時間です。

時間については、JTWC(米軍基地)と同じで、表示時間に+9時間します。

予想進路と共に見ていきましょう。

以下がECMWF(ヨーロッパ中期予報センター)で表記されている時間です。

Friday 28 Aug, 12 UTC T+72 Valid: Monday 31 Aug, 12 UTC

出典:ECMWF

日本語訳を記載します。

・8月28日金曜日 12UTC(日本時間で21時)8月31日 12UTC(日本時間で21時)

ということになります。

 

次に、進路予想図を見てみましょう。

・8月31日時点

こちらは、JTWC(米軍基地)や気象庁の情報通りの予想進路図ですね。

出典:ECMWF

・9月1日

9月1日時点でも、JTWC(米軍基地)と気象庁の予想図通り、沖縄全域に直撃します。

・9月2日

9月2日時点での進路予想図ですが、なんとJTWC(米軍基地)と気象庁の予想図とは違いがあります。

JTWC(米軍基地)では9月2日時点では予報円に入っていて、横切るような進路予想図でしたが、ECMWF(ヨーロッパ中期予報センター)では、台風が九州を直撃しています。

最新の台風情報を気象庁・日本気象協会から確認

日本での台風情報は気象庁と日本気象協会から確認できます。

気象庁(台風情報)

日本気象協会(気象衛星)

 
スポンサーリンク
 

台風9号JTWC米軍基地の進路予想図は?2020 8月31日以降の公共交通機関の状況はどうなる?

台風9号は、本州に進むことはないので、本州に住んでいるは、心配する必要はないでしょう。

しかし、大きな全域と九州付近を通ることは分かっていますので、該当地域に在住の方は、外出は控えるなど、台風に備えることをお勧めします。

ネットの反応

沖縄に在住の方は直撃しますので、万全の対策をし、備えましょう。

前回の台風8号と同等、もしくは、それ以上のものと予想されています。

 
スポンサーリンク
 

「台風9号JTWC米軍基地の進路予想図は?2020 進路は上海方向?」まとめ

今回は、台風9号をJTWC(米軍基地)の進路予想図の情報から、日本への影響を見ていきました。

該当地域の方は、万全の対策を行いましょう。

 
スポンサーリンク
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました