台風14号(2020)は1周する可能性は?米軍・ヨーロッパの最新進路予想は?

台風14号・チャンホンが発生し、進路の状況に注目が集まっています。

2020年10月10日時点での、予想進路ですが、南となっていますが、1周して再び、日本列島へやって来る可能性を不安視する声があります。

それでは、こちらについて、米軍・ヨーロッパの最新進路予想を確認してみましょう。

 
スポンサーリンク
 

台風14号(2020)は1周する可能性は?

台風14号は、2020年10月11日には、1周するように、Uターンするように、南に進路を変える予想となっています。

これについて、日本列島から離れるため、安堵している人が多いのですが、中には、「1周して、戻って来るんじゃ?」「1周して帰ってくるとかないよね?」と、この進路予想について、不安視する声が非常に多かったです。

ウェザーニュースによると、海面水温は高い水域となりますが、上空の風の環境などの状況から、再発達はしないとの予想です。

そして、「1周して、戻って来るんじゃないか?」ということについてですが、10月11日にUターンするように、南へ進路変えた後は、動きは遅くなり、そのまま、北東に進むと考えられているため、1周して、日本列島に戻ってくる、近づく可能性が低いと予想されています。

 
スポンサーリンク
 

台風14号(2020)の米軍・ヨーロッパの最新進路予想は?

それでは、台風14号(2020)の米軍・ヨーロッパの最新進路予想を確認していきましょう。

台風の最新進路を確認したい場合は、米軍(JTWC)とヨーロッパ(ECMWF)を確認するのが鉄板です。

まずは、米軍の最新進路予想からです。

出典:JTWC

米軍(JTWC)の進路予想では、ウェザーニュースの予想と同じで、10月11日午前9時では、日本列島からUターンするような進路となっていることが分かります。

米軍(JTWC)の表記時間の読み方

+9時間すればいい

11/00→11日0時となる。

 

予報円についても、その後、10月11日午後9時、12日午前9時には、赤色の円が、消えているので、台風が再び発達する可能性が低いと考えられます。

強風域や暴風域というのは、進路予想図で確認できる、赤、茶、紫の円状もので確認することができます。

これを予報円といいます。

予報円内での、色別の風速は以下の通りです。

赤色:風速34ノット(16m/s)強風域

茶色:風速50ノット(25m/s)暴風域

紫色:風速64ノット(32m/s)暴風域

瞬間風速(KTS)も、下がる見込みのため、台風が再び発達して、1周して戻ってくる可能性は、今のところ考えられません。

※そもそも、台風がそれた後に消失(再発達する見込みがない)する可能性があるからです。

続いて、ヨーロッパ(ECMWF)の最新進路予想を確認してみましょう。

10月10日12時の台風14号(チャンホン)の位置です。

出典:ECMWF

10月11日0時の台風14号(チャンホン)の位置です。

出典:ECMWF

10月11日12時の台風14号(チャンホン)の位置です。

出典:ECMWF

10月12日0時の台風14号(チャンホン)の位置です。

出典:ECMWF

10月12日12時の台風14号(チャンホン)の位置です。

出典:ECMWF

ヨーロッパ(ECMWF)の進路予想では、こちらも米軍(JTWC)と同じく10月11日を境に、日本列島からは、それて、10月12日は、消失、再発達はしないという予想になっています。

やはり、米軍(JTWC)、ヨーロッパ(ECMWF)の両方を確認しても、台風14号(チャンホン)が1周する可能性は低いです。

 
スポンサーリンク
 

「台風14号(2020)は1周する可能性は?米軍・ヨーロッパの最新進路予想は?」まとめ

台風14号(2020)チャンホンの1周する可能性を、米軍・ヨーロッパの最新進路予想から、確認しました。

どちらも、最新の進路予想では、1周する可能性が低いという予想でした。

 
スポンサーリンク
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました