台風12号(2020)米軍(JTWC)の最新進路予想!日本上陸はいつ?

台風

台風12号(2020)が発生しました。

そこで、今回は台風12号(2020)を米軍(JTWC)の情報から最新進路予想をします。日本上陸はいつなのでしょうか?

※情報は随時更新していきます。

 
スポンサーリンク
 

台風12号(2020)米軍(JTWC)の最新進路予想!

日本の南海上の熱帯低気圧は発達しながら北上を続けています。今後は台風まで発達し、連休明けは日本列島にかなり近づく見込みです。秋雨前線とともに大雨をもたらすおそれがあります。

日本の南海上にある熱帯低気圧は、衛星画像で見ると雲の塊が明瞭になり、渦を巻く様子も見られるようになってきました。次第に発達していることを示しています。今後はさらに発達しながら北上を続け、24時間以内に台風にまで発達する見込みです。

出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/dcb355a236df009b681898783c49b0047d7c56cc

台風12号が発生し、日本列島への影響が不安視されています。

それでは、早速、台風12号(2020)を米軍(JTWC)の最新進路予想から見ていきましょう。

 

台風の情報を確認する際、米軍(JTWC)では、以下の箇所を確認しましょう。

①台風のたまごが台風へと発達するのかどうか?(色で分かります。)

台風の場合のたまご:台風へと発達し得る熱帯低気圧を指す俗な言い方。

②進路予想図(図で確認できます。)

③日本への到達時間(表記時間に+9時間します。)

④予報園内での風速・瞬間風速

 
スポンサーリンク
 

台風12号(2020)のたまごは熱帯低気圧・台風へと発達した?

台風のたまごが台風へと発達しているか?ということについですが、米軍(JTWC)の情報では、このようになりますね。

出典:JTWC

こちらの図の見方ですが、以下の通りとなっています。

・LOW(黄色):24時間以内での台風への発達の可能性は低い

→台風・熱帯低気圧になる可能性は低いということ

・MEDIUM(オレンジ):発達する可能性あり、しかし24時間以上という時間をかけて発達する可能性も

・HIGH(赤色):24時間以内に台風へと発達します。

・赤い矢印:熱帯低気圧・台風を指しています。

→TSが熱帯的圧、TYが台風

・SUB TROPICAL(水色):熱帯低気圧発生注意情報

→熱帯低気圧と温帯低気圧の中間ともいえる

米軍(JTWC)から、この点を踏まえて確認しますと、既に、赤い矢印で、日本列島の近くに「DOLPHIN(ドルフィン)」として、台風12号(2020)へと発達しています。

台風12号(2020)の進路予想図は?

次は、進路予想図から台風12号(2020)の進路を見ていきましょう。

そして、日本への到達時間もここでは、確認することができます。

出典:JTWC

米軍(JTWC)の進路予想図では、ご覧のように、言葉のように、日本へ直撃する進路となっていますね。

まさかの関東・関西方向に台風12号(2020)は進んでいく進路予想となっています。

台風12号(2020)の日本上陸はいつ?到達時間を確認!

併せて、日本への到達時間についても、確認しましょう。

米軍(JTWC)の表記時間の読み方

23/00→23日0時となります。

米軍(JTWC)の表記時間に、+9時間することで、日本への到達時間が分かります。

ですので、米軍(JTWC)から、考えるとこうなりますね。

 

・9月23日午前9時には九州(宮城・鹿児島・大分)、四国(愛媛、高知)では、強めの風(強風域)を感じ始める

・9月24日午前9時には、関西、京都に強めの風(強風域)を感じ始めるが、暴風域に入る可能性あり

 

強風域や暴風域というのは、進路予想図で確認できる、赤、茶、紫の円状もので確認することができます。

これを予報円といいます。

予報円内での、色別の風速は以下の通りです。

赤色:風速34ノット(16m/s)強風域

茶色:風速50ノット(25m/s)暴風域

紫色:風速64ノット(32m/s)暴風域

台風12号(2020)の風速・瞬間風速は?

台風12号(2020)の風速・瞬間風速について、見ていきましょう。

 

風速・瞬間風速は、以下の画像で確認していきましょう。

出典:JTWC

 

風速は、JTWCで表記されてる「WINDS○○」で、瞬間風速は「GUSTS TO ○○ KTS」が該当します。

※○○には数字が入ります。

そして、ここから、風速・瞬間風速を知りたい場合は、「2(半分にする)」を割ることで、風速、瞬間風速を確認することが出来ます。

米軍(JTWC)では、9月23日、24日に日本へ影響を及ぼし始めることが分かっていますので、23日、24日にものを確認してみましょう。

分かりやすく、前日22日のものも確認します。

 

台風12号(2020)の風速・瞬間風速は、以下のようになりますね。

 

・9月22日午前9時時点での風速は25m/s、瞬間風速(突風)は32.5m/s

・9月22日午後9時時点での風速は27.5m/s、瞬間風速(突風)35m/s

・9月23日午前9時時点での風速は27.5m/s、瞬間風速(突風)は35m/s

・9月24日午前9時時点での風速は、25m/s、瞬間風速(突風)は32.5m/s

 

ここから、わかる事は、台風12号(2020)のピークは9月24日午前9時になり、そこから、翌日9月24日午前9時から、風は弱まっていくということが分かりますね。

 

以上が、台風12号(2020)の米軍(JTWC)からの最新情報でした。

※情報は随時更新していきます。

 
スポンサーリンク
 

台風12号(2020)米軍(JTWC)の最新進路予想!ライブカメラやネットでの反応を確認!

※随時更新予定

今回の台風は、2015年の台風18号に酷似しているとの情報がありました。

確かに、台風12号は、10号、9号と比べると、弱いものではありますが、米軍(JTWC)での進路予想図でも確認できたとおり、関東・関西の方向へと上陸する可能性があります。

 
スポンサーリンク
 

「台風12号(2020)米軍(JTWC)の最新進路予想!日本上陸はいつ?」まとめ

台風12号(2020)の米軍(JTWC)の最新進路予想について、

見ていきました。

今後の動向に警戒してください。

 

ヨーロッパ(ECMWF)の最新進路予想はこちらから↓

台風12号(2020)ヨーロッパ(ECMWF)・windyの最新進路予想!関東・関西への影響は?

 
スポンサーリンク
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました