東京調布市の住宅街の道路陥没の原因とは?現在の状況・ネットの反応は?

東京都調布市での住宅街で、道路陥没が発生しました。

今回は、この道路陥没の原因、現在の状況をネットの反応を踏まえ、見ていきます。

住宅街で起きたということなので、近隣住民の方は、困りますよね。

 
スポンサーリンク
 

東京調布市の住宅街の道路陥没の原因とは?

 東京・調布市の住宅街で道路が陥没した。現場は京王線つつじケ丘駅から直線距離でおよそ400メートルの場所。陥没が発生した時刻やけが人がいるかどうかなど、詳しいことは分かっていない。

出典:ライブドアニュース

東京都調布市の住宅街で発生した、道路陥没は、長さ約5m、幅約3m、深さ約5mの穴ということです。

発生したのは、10月18日、午後0時15分ごろ、道路陥没の通報があり、明らかとなりました。

実際の現場の状況です↓

また、この道路陥没による、人的被害は発生していないことがわかっています。

本当に、なにもなくてよかったですね、、、。

道路陥没の原因についてですが、この場所は、外環シールドトンネル工事が行われていたという情報がありました。

現在、警視庁はこの事故の原因究明を急いでいます。

 
スポンサーリンク
 

東京調布市の住宅街の道路陥没の現在の状況・ネットの反応は?

調布市で発生した道路陥没ですが、空いた穴は砂で埋める作業を行い対応されています。

また、規制線が貼られ、近隣住民には、避難を促しているということでした。

 
スポンサーリンク
 

「東京調布市の住宅街の道路陥没の原因とは?現在の状況・ネットの反応は?」まとめ

今回は、東京都調布市の住宅街で起きた、道路陥没について、見ていきました。

安全に生活できるように、事故の正確な原因が明らかになると良いですね。

 

 
スポンサーリンク
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました