ソロキャンプの道具のおすすめをリストで紹介!これで誰でも楽しむことが出来る!

アウトドア

流行りのソロキャンプ、始めたばかりの方も、どっぷりハマってる方も、ソロキャンプ道具は見てるだけでも楽しいですよね。

ということで、ソロキャンプを楽しむための道具おすすめということでリストでご紹介します!

 
スポンサーリンク
 

ソロキャンプの道具のおすすめってあるの?リストで紹介!

ソロキャンプで1つポイントになるのが、いかに荷物を少なくするかです。

持ち運びが大変なうえに、荷物だらけで自分がゆっくりできるスペースが無くなってしまう恐れがあるからです。

なので今回おすすめするのは、衣食住の「食・住」に絞ったリストです。

 
スポンサーリンク
 

おすすめのソロキャンプ道具リスト

  • テント、タープ
  • シュラフ、マット
  • テーブル、チェア
  • 焚き火台orコンロ
  • カトラリー、クッカー
  • ランタン

あると便利なおすすめリスト

  • クーラーボックス
  • ヘッドライト
  • 木炭or薪
  • 虫除けグッズ
  • モバイルバッテリー
  • ハンディ扇風機
 
スポンサーリンク
 

ソロキャンプの道具は100均もオススメ!

流行を感じとってか、最近どの100均でもシーズン問わずソロキャンプ道具が置かれるようになりました。

初心者の方も手にしやすく、中・上級者の方のチョイ足しにもきっと役立ちますよ!

100均ソロキャンプ道具:ダイソー製メスティン(500円商品)

出典:ダイソー公式サイト


元はトランギア社製のアルミ製クッカー「メスティン」。

要するにアルミ製の「飯盒」なんですが、熱伝導率が高くご飯が美味しく炊けるという特徴があります。

炊飯だけでなく、炒める・煮る・蒸す・茹でると使いかたは無限大。

ご飯を炊きながら蓋の上でおかずを温めれば炊きたてご飯と一緒に仕上がります。

ちなみに本家メスティンのLサイズにスッポリ入る設計なので、後々買い足してもコンパクトに収納出来る点も嬉しいですね。

100均ソロキャンプ道具:ダイソー製スキレット(200円商品)

こちらも武骨なフォルムながらコンパクトな商品が多く販売され、ソロキャンプで人気の一品。

熱伝導率の高さでお肉をとっても美味しく焼き上げる他、アヒージョやバーニャカウダなど、そのまま出せてオシャレな料理にも大活躍です。

最初に使用する際には、焦げ付かない様「シーズニング」という作業が必要ですが、使い込む毎に料理の仕上がりが良くなるので、道具を育てるといった感じで愛着が湧く道具です。

 

・イモノのステーキプレート

ステーキを乗せても冷めにくく、焼き上がりが良い。調理後そのまま食卓に出すと見映えも良い。

100均ソロキャンプ道具:カトラリー・カップ

オシャレな物から折りたためる物、二重構造で冷めにくいカップなどもキャンプ向きかもしれませんね。

とにかくキャンプに行くのが楽しみになる様なお気に入りのデザインを探すのが1番だと思いますが、あえておすすめするとすれば割れにくいものを選ぶと良いかもしれません。

ちなみに折りたためるカトラリーならメスティンの中に収納も可能なので持ち運びの際にも便利です!

 

・ステンレス箸

折り畳む事でクッカーに収納可能。先端は滑り止め付きで使いやすい。

 

・折りたたみスプーン&フォーク

折り畳み式でクッカーに収納可能。



・ステンレス手付きボウル折りたたみ

定番調理道具。調理後そのまま食事できる。

 

100均ソロキャンプ道具:MONTAGNEミニテーブル

 

こちらはセリアお取り扱いの「MONTAGNE(モンターニュ)」シリーズのミニテーブル。

プラスチック製なので軽量かつコンパクト、アウトドアらしいグリーンも素敵ですね。

全3色展開で積み重ねも可能、せっかくの100円商品ですから、同じ商品をいくつか組み合わせてもいいかもしれませんね。

100均ソロキャンプ道具:レジャーイス

こちらはどの100円ショップでも大抵揃えることが出来ます。

このくらい低いイスだとミニテーブルとの相性も良いので、意外と快適に過ごせるはずです。

芝生のテントサイトの場合は地面も柔らかいので、イスではなくレジャーシートを選んでも良いと思います。

いずれにせよかなりコンパクトに収納出来るので、買っといて損する事はまず無いと思います。

 

・折り畳み簡易チェア

コンパクトに収納できる。天板を乗せる事でちょっとしたテーブルとしても使える。

100均ソロキャンプ道具:固形燃料

懐石料理の1人用鍋を温める「アレ」です。

燃焼時間は限られていますが、立派に役立ってくれます。

継ぎ足す手間と作れる料理が少し限られますが、ソロキャンプ飯入門にはオススメです。

100均ソロキャンプ道具:セリア「ファイヤスターター」+アルミ灰皿

火花を発生させ、ほぐした麻紐やススキの穂などを使って着火する「ファイヤスターター」。

少しコツが要りますが、慣れれば立派に焚き火が出来ます。

また加工が必要ですが、アルミ製で筒状の灰皿を使えばウッドストーブを作る事が出来ます。

こちらは小枝を燃料にするので、薪の購入も必要ありません。

煙突効果でそこそこな火力が得られますし、何よりキャンプらしさが出るのも嬉しいですよね!

 
スポンサーリンク
 

ソロキャンプの道具はコンパクトなものも存在!

前述しましたが、ソロキャンプの際なるべく荷物は少なくしておきたいです。

そんなユーザーの想いに応え、コンパクトな道具も多数存在します。

コンパクトな道具:ピコグリルシリーズ

出典:ピコグリル公式

見た目の美しさ、使いやすさもさることながら、なんとこちらの焚き火台はA4サイズに収納可能!

多くの焚き火ファンに支持されています。

コンパクトな道具:Barebones Living ミニエジソンランタンLED

レトロなデザインに150gと超軽量なボディ。

しかし明るさは100ルーメンと充分な明るさです。

ソロならLOWモードの35ルーメンでも充分活動できるうえ、単3電池2本で20時間連続使用が可能です。

 

・naturehikeウルトラミニスリーピングバッグ

圧縮機能を使う事でコンパクトに収納できる。 過ごしやすい春〜秋向け。

 

・ヘリノックス チェアワン

リビングで使いたくなるほどの座り心地とデザイン。収納時は幅35×奥行き10×高さ12cmとコンパクトなのも嬉しい。

 

・アルミロールテーブル

脚だけでなく天板まで折りたためるのでコンパクトに収納できる。

 

・soto レギュレーターストーブ

コンパクトに収納できる上、使用時は広く展開出来るので調理がしやすい。CB缶対応なのも初心者に嬉しい。

 

・soto ポップアップミニテーブル

非常にコンパクト。開くだけで設置出来るのでちょっとした休憩にも便利。

「ソロキャンプの道具のおすすめをリストで紹介!これで誰でも楽しむことが出来る!」まとめ

今回おすすめした道具以外にも、せっかくだからもっと持って行きたいという方や、さらにコンパクトに出来そうだという方もいるかと思います。

それだけキャンプのスタイルは人それぞれ自由なのです。

見た目、収納性、使い心地など、人によって選ぶポイントもそれぞれかと思います。

また、選択肢に100均アイテムも含めてみると道具選びの幅が広がりますよ!

是非今回のリストをあなたの道具選びに役立てて下さい!

 

こちらの記事では、ソロキャンプの道具一式の費用について、紹介しています。

ソロキャンプの道具一式の費用はどれくらいかかるの?

 
スポンサーリンク
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました