リツイート制限はいつからいつまで?理由や引用RTはできるの?

アメリカ大統領選挙が迫る中、ツイッターは、投稿天才機能「リツイート」を一時的に制限することを発表しました。

そこで、今回は、リツイート制限はいつからいつまでなのか?について、そして、リツイート制限をする理由と引用RTはできるのか?について、見ていきます。

 
スポンサーリンク
 

リツイート制限はいつからいつまで?

ツイッターのリツイート機能の制限がいつからいつまでなのか?についてですが、10月20日から、来月開催のアメリカ大統領選挙が行われる週までとなっているようですね。

具体的な日時は、制限が始まる時だけの情報のみで、いつから、リツイート制限の解除になるのかについては、発表されていません。

アメリカ大統領選挙は、11月3日から一般有権者による投票・開票となります。

ですので、ツイッターが発表している「アメリカ大統領選挙が行われる週」ということになると、11月8日あたりには、制限は解除されるのではないでしょうか?

 
スポンサーリンク
 

リツイート制限されるアカウントの対象は?

リツイート制限されるアカウントの対象は、全世界のユーザーとニュースでは報道されていたのですが、ツイッターサポートは、このように発表していました。

・米国の政治家が所有するアカウント

・10万人以上のフォロワーを持つ、米国を拠点とするアカウント

・誤解を招くツイートを発信したアカウント

ということは、もしかすると、大半の人は、リツイート制限をされることは、ないことも考えられますね。

 
スポンサーリンク
 

リツイート制限の理由や引用RTはできるの?

ツイッターがリツイート制限を行う理由は、非常に単純なもので、選挙に関する情報が、誤った形で多くのユーザーに拡散されるのを防止するためです。

前回のアメリカ大統領選挙では、リツイート機能を巡り、物議を醸していたんですね。

また、リツイート機能の中で、「引用リツイート」と呼ばれる機能がありますが、これは、制限なく、使用できます。

引用RTを制限していない理由としては、引用RTは、利用者のコメントを書き込むことでリツイートが可能という点から、転載(RT)する意図を考えることを促す狙いがあるということです。

また、そのほかにも、結果の確定前に、過剰に勝利を主張する投稿にはラベルを表示、暴力的な行動による選挙妨害をあおる投稿などは、削除することも、発表しています。

ネット上の反応

今回のツイッターの対応には、賛成派と、「アメリカ国内の問題なのに、どうして別の国まで?」と否定的な意見の2つに分かれていました。

https://twitter.com/apple_natsu_511/status/1314805600715304960

RT機能を利用したキャンペーンについては、影響が出ることが予想されます。

 
スポンサーリンク
 

リツイート制限はいつからいつまで?理由や引用RTはできるの?

今回は、アメリカ大統領選挙の影響により、ツイッターの機能「リツイート」が制限されることについて、見ていきました。

アメリカ大統領選挙については、今後、間違いなく、注目されることでしょう。

 
スポンサーリンク
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました