大阪万博2025の決定したテーマは?ロゴの意味や公式グッズ・チケット情報は?

2025年に開催予定の万博(国際博覧会)が大阪に決まり、着々と準備が進められています。

ロゴマーク決定が話題になってますよね。

そこで、今回は、大阪万博2025の決定したテーマについて、ロゴの意味、公式グッズやチケット情報について、みていきましょう!

 
スポンサーリンク
 

大阪万博2025の決定したテーマは?革新技術の最大限活用がコンセプトになっている!

ロゴばかり注目が集まっている大阪万博2025ですが、テーマについては、決定してるのでしょうか?

こちらについてですが、以下のものが、大阪万博2025のテーマです。

「いのち輝く未来社会のデザイン(Designing Future Society for Our Lives)」

出典:https://www.expo2025.or.jp/attract/message/

大阪万博2025の決定したテーマについて、会長である榊原定征氏の説明は以下からご覧ください。

https://www.expo2025.or.jp/attract/message/

「革新技術を最大限活用することで人々の暮らし、社会全体の最適化の実現を目指す」というものがテーマのコンセプトとなっているんですね。

 
スポンサーリンク
 

大阪万博2025ロゴ公募は応募総数5894作品から最終候補5作品より決定

大阪万博2025のロゴ公募には、応募総数5894作品が募りそこから、厳しい審査のもと最終候補として、5作品が残っています。

その最終候補5作品がこちらになります。

この最終候補5作品の中の「E案」が、大阪万博2025のロゴマークに決定したということですね。

ネット上の反応

https://twitter.com/UuUu4379/status/1299926916128931840

批判的な反応をみせる人が多い中、大絶賛している方も、いらっしゃいますね。

文字通り「賛否両論」です。

今後発売される可能性のあるグッズについても、期待している方もいます。

どんなものがグッズとして、展開されていくのかにも、注目ですね!

https://twitter.com/p12zDO2wQhQDX0e/status/1299913414014197762
 
スポンサーリンク
 

大阪万博2025のロゴの意味はなに?

大阪万博2025のロゴが決定したわけですが、この特徴的なロゴの意味について、気になりますよね。

こちらについてですが、ロゴのデザイナー(作者)を担当したTEAM INARIのシマダタモツさんが、以下のように述べています。

踊っている。跳ねている。弾んでいる。だから生きている。大阪・関西万博。1970年のデザインエレメントをDNAとして宿したCELLたちが、2025年の夢洲でこれからの未来を共創する。関西とも、大阪府ともとれるフォルムを囲んだメインシンボルだけでなく、CELLたちは、文字や数字を描きだし、キャラクターとしてコミュニケーションする。自由に。有機的に。発展的に。いのちの輝きを表現していく。

出典:https://logo.expo2025.or.jp/logo_announcement.html

大阪万博のテーマは、「いのち輝く未来社会のデザイン」です。

このテーマを力強く表現していることが決定につながったようですね。

 

デザイナーのTEAM INARIのシマダタモツさについては、以下の記事で紹介しています。

→シマダタモツのwikiや経歴は?受賞歴についても紹介!

 
スポンサーリンク
 

大阪万博2025の公式グッズ・チケット情報はあるの?

大阪万博2025のロゴマークが決まり、公式グッズやチケット情報についても、気になる方が、今後続出すると予想されますので、現段階では、あくまで予想にはなりますが、順番に見ていきましょう。

まずは、公式グッズ情報から。

大阪万博2025のグッズはどんなものが予想される?2020年時点の予想!

大阪万博2025の公式グッズですが、過去に万博(国際博覧会)が日本で開催されたのは、5回です。

2005年に開催された愛知万博でのグッズ情報から、2025年の大阪万博の公式グッズについて、予想していきましょう。

2005年開催の愛知万博では、公式キャラクターとして、「モリゾー」「キッコロ」のグッズを取り扱っていたことが分かりました。

愛知万博 公式グッズ情報

ここから予想すると、基本的には、公式キャラクターの存在が今後、公式グッズにも影響していくと予想できますね。

しかし、大阪万博では、既に、「ロゴ」でここまでの話題を生んでいますので、もしかしたら、ロゴ関連の公式グッズも出る可能性があります。

既に、大阪万博のロゴ入りのシャツを大阪府の吉村洋文知事が着用されているのが注目を集めていますよね。

着用画像は産経ニュースよりご確認ください。

産経ニュース

大阪万博2025のチケット情報は?2020年時点の予想!

大阪万博2025のチケット情報は、まだ情報はありませんが、こちらについても、前回の日本開催地である愛知万博から、予想してみましょう。

大阪万博2025の開催日と開催場所からチケットはいつから販売される?2020年時点の予想

大阪万博2025の開催日と開催場所は既に発表がある通り、2025年4月13日~10月13日に開催。

開催場所は、大阪「夢洲」です。

愛知万博での発売時期については、具体的な明記は無かったので、オリンピック規模のイベントであると考えた場合、開催時期の約1年弱前から販売スタートすることが予想されます。

ですので、2025年の4月開催である大阪万博の約1年弱前と考えると、2024年1月~3月あたり、春ごろと予想されます。

大阪万博2025のチケット料金・種類はどうなる?2020年時点の予想

大阪万博2025のチケット料金・種類については、愛知万博の販売していた種類から、こちらも予想していきます。

今回は、普通入場券、全期間入場券、夜間割引入場券、平日家族割引入場券、平日回数割引入場券などの種類は変更なしだと思います。

チケット料金についてですが、政府提案書方針で検討されている料金が4800円となっています。

ここを基準に、それぞれのチケットの種類の料金設定が行われるということですね。

参考までに、愛知万博での各チケット料金は、以下のよりご覧ください。

愛知万博 公式サイト

大阪万博2025のチケットの購入方法はどうなる?2020年時点の予想

大阪万博2025年のチケットの購入方法についてですが、多彩なルートでいつでも、どこでも購入可能なチケッティングシステムを導入されていて、3種類の入場券のシステムを設けられていました。

旅行代理店、鉄道・バス等の交通機関、チケット事業者提携の販売チャンネル、コンビニエンスストア、インターネットといったように、多くの場所で取り扱われたので、大阪万博2025でも、同じような場所で購入が可能と予想されます。

愛知万博 公式サイト

「大阪万博2025の決定したテーマは?ロゴの意味やグッズ・チケット情報は?」まとめ

今回は、大阪万博2025の話題から、テーマ、ロゴの意味や今後発売される可能性のあるグッズ、そして、チケット情報について、見ていきました!

今後の、大阪万博2025の動向に、ますます注目が集まりますね^^

 
スポンサーリンク
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました