新婚生活60万円補助の対象地域はどこ?39歳以下などの条件を設けている理由は?

生活に関わる話題

内閣府の「新婚生活60万円補助」が注目されています。

そこで、今回は、新婚生活60万円補助の対象地域はどこなのか?39歳以下などの制限を設けている理由は?について、見ていきます。

 
スポンサーリンク
 

新婚生活60万円補助の対象地域はどこ?

内閣府は20日、少子化対策の一環として、新婚世帯の家賃や敷金・礼金、引っ越し代など新生活にかかる費用について、来年度から60万円を上限に補助する方針を固めた。現行額から倍増し、対象年齢や年収条件を緩和する。経済的理由で結婚を諦めることがないよう後押しする狙い。

出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/36de52f8cfa25b14a8b61f53a43cd66850e39d0e

内閣府は少子化対策の一環として、新婚生活を送る新婚世帯の諸々の費用を補助する内容の上限を60万円にあげる方針を固めたそうですね。

又、併せて対象年齢や年収条件も緩和するとのことです。

 

早速、この補助を受けられる条件というのを説明していきます。

 

まずは、大前提として、日本に住んでいる人全員がこの補助を受けられるわけではありません。

「結婚新生活支援事業」を実施している市区町村に住む(住民票がある)という条件があります。

 

この「結婚新生活支援事業」を実施している市区町村については、以下の内閣府公式サイトより、PDFにて、確認することができます。

ちょっと確認してみたのですが、おそらく、東京都と福井県は該当地域なしとなっているようです。

内閣府 結婚新生活支援事業について

 
スポンサーリンク
 

ネット上の反応

新婚生活60万円補助は条件には、先ほど説明した「結婚新生活支援事業」を実施している市区町村に住んでいるという条件以外にも、年齢が39歳以下、世帯年収540万円未満といった条件もありますのでご注意を!

少子化になっている原因には、やはり、こういった理由もありますよね。

結婚し、子供を産む、単純に見えますが、同時に課題もあります。

 
スポンサーリンク
 

新婚生活60万円補助で39歳以下などの条件を設けている理由は?

「新婚生活60万円補助」では、現行額30万円から60万円に倍増した他、年齢を39歳以下、世帯年収540万円未満と条件緩和の拡大も明らかにしています。

しかし、条件緩和拡大の方針となっても「違う、そうじゃない」という声が多く見受けられました。

いったい、ここまでの条件を設けている理由は何かなるのでしょうか?

 

こちら予想と考察にはなってしまうのですがやはり、内閣府が考える基準であるというのが考えられるのではないでしょうか?

 

子供が充分な環境で成人を迎えるまで育てることができる基準の1つが、あの条件に当てはまっているということなのではないでしょうか?

 

正直、これが事実ならば、偏見ですよね。

実際問題、国民の考えと、この条件は一致していないように感じます。

東京都では、内閣府の公式サイトを確認したところ、「結婚新生活支援事業」の対象にはどこも該当していなかったように見受けられましたので、そうなると、世帯年収540万円未満という条件はかなり厳しいのではないでしょうか?

 
スポンサーリンク
 

「新婚生活60万円補助の対象地域はどこ?39歳未満などの条件を設けている理由は?」まとめ

今回は、内閣府の少子化対策の一環の方針「新婚生活60万円補助」について、見ていきました。

この方針については、少子化対策になっていないなどと、対策への疑問を漏らす声が多い印象でした。

 
スポンサーリンク
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました