マツコの知らない世界|本格抹茶スイーツの世界~マツコも納得!鮮やかな抹茶スイーツが続々登場!9月29日放送

2020年9月29日に放送された、マツコの知らない“本格抹茶スイーツの世界”についてまとめます。

出演者はマツコ・デラックスさん。

そして、“7000食以上の抹茶スイーツを食べた抹茶女子”村上かなこさんです。

甘いだけじゃない!コンビニやスーパーはもちろん、SNSで映えると話題の抹茶スイーツ。

海外でも専門店がオープンし、世界的なブームとなっています。

抹茶スイーツを愛しすぎるが故に、福岡から抹茶の本番・宇治に移住した、案内人村上さんが、7000種類から厳選した、本格的な抹茶スイーツをご紹介してくれます!

甘い苦いだけじゃない!本当の魅力が詰まった、抹茶スイーツの世界へご案内します。

 
スポンサーリンク
 

抹茶を愛しすぎている案内人

マツコさんは、甘い抹茶スイーツが苦手なようで、全く口にしていないと言います。「申し訳ない結果になる可能性もある」という今回、大丈夫なのでしょうか?

案内人の村上さんが登場すると、抹茶色のセットアップに目が奪われ、「どこで売ってんのよその服」とさっそくジャブを打ちます。

 

村上さんは、抹茶が好きすぎて、自分の視界に入るものも抹茶色に染めたいと、衣食住抹茶一色の私生活を送っているのだそうです。

村上さんのご自宅の写真には、緑のカーテンやポスター、ソファーにテーブルクロスももれなく緑です。ここまで緑も多すぎると癒されないと、マツコさんもビックリしていました。

 

マツコさんが抹茶スイーツを受け付けない理由は、抹茶味のチョコなど、“親の仇のように”抹茶に砂糖を入れるというのが、受け付けないのだそう。

しかし、今回はそういったものではなく、本格的な抹茶にこだわったスイーツということで、期待ができますね。

 
スポンサーリンク
 

7000食から厳選!抹茶の旨味が味わえる本格3選

今まで食べてきた抹茶スイーツの、正直な感想をまとめたノートを作っているという、村上さん。

中を見せてもらったマツコさんは、バニラソフトクリームの上に、抹茶がかかっているスイーツを見て、「こんな感じなら許せる」とコメント。

 

中には、ガッカリな商品もあったようで、その時には辛辣なコメントも書き込んでいると村上さんは明かしました。

名前は明かせませんが、毎年出しているというお店の抹茶スイーツには、「香料臭い」「去年よりはマシ」など、辛口な感想が並んでいました。

 

マツコさんも、「私より口悪いわよ」と驚くほどでした。

それ程、愛があるってことですよね。

そんな、正直ノートから厳選した、マツコさんにも食べて欲しい!本格抹茶スイーツを、紹介してもらいます。

まずは、これまで沢山食べてきた村上さんが感じる、抹茶スイーツの魅力を話してくれました。1つ目は、 「永遠に眺めたい蛍光グリーン」。

蛍光というのは、蛍光ペンのような派手な色という訳ではなく、内側から光り輝く様な色の表現だそうで、色がたまらないとして、パネルで商品してくれた5品。

全て香料・着色料を使っていないそうです。

 

その中でマツコさんの目に止まったのは、「無碍山房 濃い抹茶パフェ」でした。凄く濃いグリーンで、鮮やかです。

抹茶は熱や光を吸収すると、色が黄色くなり、香りや風味も飛んでしまうそうで、本格的な抹茶は、丁寧に遮光し育てることで、本来の鮮やかな蛍光グリーンになると言います。

そして、村上さんイチオシが、1日しか輝かない儚き蛍光グリーン!滋賀県にある千紀園の「宇治抹茶 濃チーズケーキ 抹茶まる」です。

最初に出てきたのが、チーズケーキということで、顔が曇るマツコさん。モスグリーンのような、綺麗な緑で、とても美味しそうですがそのお味とは?

まず、断面を見てみると…空気に触れない内側が、抹茶本来の美しい蛍光グリーンでした。

食べてみると、「すごくいい抹茶だって言うのはよく分かる」というマツコさんでしたが、「チーズと抹茶が…」と渋い顔をした後に「美味しいです」と。

 

その反応にハラハラしていた村上さんは、ニッコリと安心した表情でした。マツコさん曰く、お抹茶は立ててそのまま飲むと、お出汁のような味わいがあるそうですが、スイーツにするとなくなってしまうのだそう。

そこが、難しいところではあるようですが、このチーズケーキは、とっても美味しかったみたいです。

続いての抹茶スイーツの魅力は、「舌に染み込むまろやかな粉感」です。

粉の状態を楽しんで貰いたいということで、上手く混ぜ込んだスイーツを、紹介してくれるようです。

 

本格的な抹茶は、石臼でひくため、きめ細やかな粒子になっています。

だからこそ、口に入れた時下に浸透しやすいため、抹茶の旨みがダイレクトに伝わるのだそうです。
まずは、粉の状態でお抹茶を楽しみます。

マツコさんの前に運ばれたかと思うと、突然スタジオのライトが暗くなります。劣化しないように配慮した明るさになりました。凄いこだわり!

村上さん曰く、旨味を最も感じられるのが、下になじむ約5ミクロンの粒子!この、指紋にも入り込む、きめ細やかな抹茶をマツコさんが体験します。

スプーンですくって口に入れたマツコさんは「すごい溶ける!」とビックリ。

そんな、特別な抹茶を使った、村上さんオススメのスイーツが登場しました。

抹茶の旨みが舌にダイレクトに直撃!京都の丸久小山園 西洞院店の「抹茶のロールケーキ」です。

運ばれて来たロールケーキは、お抹茶が練り込まれた生地に、生クリームと真ん中にたっぷりの抹茶クリームが。あんこも添えられて、とても美味しそうです。

一口食べたマツコさんは、「これくらいの抹茶の出方が好き」となかなかの高評価でした。

たっぷりと抹茶を使っているからこそ、口に残るフワーッとした感覚が、とてもいいと話しました。

 

こちらを販売している、丸久小山園は、お茶を専門にしており、審査専門スタッフが粒度測定を行い、常にきめ細やかな抹茶が出来るように管理しているのだとか。

 

次に紹介した、抹茶スイーツの魅力は、「出会う確率3500分の1 口の中で広がる出汁感」です。

先程マツコさんが言っていた、抹茶に出汁を感じるという感覚。

これは、村上さんが今まで食べてきた7000食の中で、たったの2品ですが出会っているそうです。

これは期待出来ますね。

スイーツに加工することで、抹茶本来の出汁感は損なわれやすいですが、そんな中で紹介してくれたのが、7000食食べてやっと出会えた究極の出汁感!京都の中村藤吉本店の「生茶ゼリィ」です。

2つの容器が出てきて、1つのお皿には抹茶アイスが、2つ目は蓋がされており開けてみると、プルプルの抹茶ゼリーと白玉が。

まずは、ゼリー単体で食べてみると「これは美味しい」と大きく頷き納得のマツコさん。

甘くなく、抹茶本来の出汁感を感じられると言います。

こちらの商品は、自社の抹茶製造工場で鮮度のいいうちに調理できるため、本来の旨みが損なわれることなく、楽しめるのだそうです。

 

抹茶アイスも自然な甘さで「これよ!」と、絶賛していました。

 

そして、この“出汁感”がある事で、抹茶のグルメも沢山出ているようで、宇治で楽しめる抹茶グルメとして、カレーうどんや餃子、コロッケなどが紹介されました。

見た目は鮮やかですが、味がとっても気になりますね。抹茶餃子は、皮に宇治抹茶が練り込まれていて、タレの代わりに抹茶塩で食べるという、お上品な餃子のようです。

食べてみたい!カレーうどんは、抹茶を練り込んだうどんに、白だしの効いた抹茶カレーを合わせた1品で、そこまで抹茶の主張はないそうです。

村上さんも触発され、卵とご飯に抹茶をプラスし、抹茶マヨで味わう抹茶オムライスに挑戦したそうですが、中も外もびっくりするほど緑!マツコさんも「ここまできたら逆に食べてみたい」と興味津々なのでした。

 
スポンサーリンク
 

村上さん注目!新・抹茶スイーツスポット!

抹茶スイーツを極めるため、地元から宇治まで引っ越してしまった村上さんですが、宇治以外にも注目している、意外な抹茶の産地があるそうです。

そこが、愛知県西尾市です。生産量は日本の抹茶の約20%で、水はけがよくお茶の生育に適した土地なので、抹茶産業が盛んになったのだとか。苦味が少なくまろやかで、強い旨みが続くのが特徴だそうです。

その、西尾抹茶を使った人気のスイーツも続々と出てきているそうで、パンケーキやぜんざい、パフェなど様々あります。

他の素材の甘さに負けない強さがあるため、ミルク系やあんこなどのスイーツによくあうのだそうです。西尾市内に30店舗以上、抹茶スイーツが楽しめるお店があります。

色々なお店を巡るのも楽しそうです!

その中で村上さんは、色味・粉感・出汁感三拍子揃った、西尾市にある穂積堂の「抹茶ぷち水玉」を紹介してくれました。

老舗の和菓子屋さんが出している、プルプルの抹茶スイーツ。

一口食べて「安心の味」とマツコさんにも好評でした。

 

光に強いオリジナルの抹茶を使用し、色味が飛ばずに鮮やかなグリーンを楽しめます。

水に溶けやすく、滑らかな舌触りも特徴です。

付属のきなこをプラスした抹茶をかけると、香ばしさが出てまた違った味わいに。

地元のお茶屋さんとと提携し、鮮度のいいお抹茶を使用することで、本来の出汁感が味わえるそうです。

 

ペロッと完食したマツコさん。

「近かったら買いに行くレベル」と大絶賛していました。

まとめ

今回は美味しそうな抹茶スイーツが沢山出てきましたが、どの商品もお店ごとにこだわっていて、目にも鮮やかな緑で心も癒された特集でした。

本番の宇治や、最近熱い抹茶スポットの西尾市にも、食べに行ってみたいですね!

 
スポンサーリンク
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました