ルイーズ・グリュックのwikiプロフィールや経歴は?作品は何がある?

ノーベル文学賞(2020)の受賞者が発表されましたね。

結果は、米国の女性詩人ルイーズ・グリュックさんです。

今回は、ルイーズ・グリュックのwiki情報として、プロフィールや経歴と、作品は何があるのか?について、見ていきます。

 
スポンサーリンク
 

ルイーズ・グリュックのwikiプロフィールや経歴は?

ルイーズ・グリュックさんについての日本語での情報がなかったので、翻訳ソフトを使用し、情報をまとめさせていただきました。

名前:ルイーズ・グリュック

年齢:77歳

生年月日:1943年4月22日

出身地:アメリカ合衆国 ニューヨーク州 ニューヨーク(ロングアイランド育ち)

職業:詩人、詩の教師(教授)

 

ルイーズ・グリュックさんの受賞歴は以下のものとなっています。

1993年 Pulitzer Prize for Poetry ピューリッツァー詩賞

2001年 Bollingen Prize ボリンゲン賞

2003年~2004年 US Poet Laureate 米国桂冠詩人

2014年 National Book Award 全米図書賞

2015年 National Humanities Medal 全米人文科学メダル

2020年 Nobel Prize in Literature ノーベル文学賞

 

ルイーズ・グリュックさんは自伝的(自分で書いた自分自身の伝記)な詩人といことで、知られているんですね。

ルイーズ・グリュックさんの作品は、感情的な強さ、神話、歴史、自然を頻繁に利用し、個人的な経験や現代の生活について、瞑想することで知られています。

 

著者としてのキャリアに、いくつかの場所での詩の教師としての経歴もあることが分かりました。

現在は、イェール大学の非常勤教授ローゼンクランツ作家です。

住まいも、ニューヨークではなく、マサチューセッツ州ケンブリッジです。

 
スポンサーリンク
 

ルイーズ・グリュックの生い立ちを紹介!

ルイーズ・グリュックさんは、アメリカ合衆国 ニューヨーク生まれ、ロングアイランド育ちです。

幼い頃から、ご両親から、ギリシャ神話、ジャンヌダルクの伝説といった古典的な物語の教育を受けていました。

詩も、この頃から、書き始めていたんですね。

高校時代に神経性食欲不振症に苦しんでいたことが分かりました。

この病気については、克服されています。

 

学歴についてですが、サラローレンス大学とコロンビア大学に進学されていたようですが、学位を取得されていないようです。

この進学も、高校時代に発症した病気の影響で、大学生としてではなく、詩の勉強をするために、「学びに行っていた」となっています。

大学で、学ばれた期間、ルイーズ・グリュックさんは、レオニー・アダムスとスタンリー・クニッツの二人の元で学ばれていて2名を「私の詩人としての成長には、欠かせない重要な指導者だった」と高く評価しています。

また、ご結婚もされていたようですが、離婚しています。(2回)

ルイーズ・グリュックの作品はどんな作風?

ルイーズ・グリュックさんの作品は、トラウマ、欲望、自然の側面を明らかにすることに焦点を当てているんだそうです。

顕著なのは、ルイーズ・グリュックさんの経験した人生のトラウマが詩として、表現されていることが多いようですね。

この幅広いテーマをルイーズ・グリュックさんは、探求することで、創り上げられる詩には、悲しみ・孤立を率直な表現をしていると評価されるようになりました。

言語の正確さ厳格な口調の抒情詩(詩人個の主観的な感情や思想を表現し、自らの内面的な世界を読者に伝える詩のこと)で知られています。

ルイーズ・グリュックさんの詩は韻を踏むことはめったにないそうで、リズムを達成するために、句またがりなどの技法を用いているということでした。

 
スポンサーリンク
 

ルイーズ・グリュックの作品は何がある?

ルイーズ・グリュックさんの作品ですが、購入できる作品をあげさせていただきます。

※和訳はありません。

・The Wild Iris (1992) ワイルド・アイリス

 

 

・Poems 1962-2012

 

 

・Vita Nova VITA NOVA

 

 

・Faithful and Virtuous Night FAITHFUL & VIRTUOUS NIGHT

 

 

・The Seven Ages 7 AGES

 

 

他にも、注目の作品として、「The Triumph of Achilles (1985) アキレスの勝利」という作品がありましたが、商品を見つけることができませんでした。

 
スポンサーリンク
 

「ルイーズ・グリュックのwikiプロフィールや経歴は?作品は何がある?」まとめ

今回は、ノーベル文学賞を受賞したルイーズ・グリュックさんについて、見ていきました。

77歳という年齢でも、こういった賞を取る例をみると、なにか、可能性を感じますよね^^

 
スポンサーリンク
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました