鬼滅の刃の映画の興行収入はいくらになる?歴代ランキングから予想!

2020年10月16日より、遂に公開されました鬼滅の刃の映画「無限列車編」。

全国各地の映画館での、1日の上映回数の多さやチケットは即完売など、様々な部分でも、話題、注目を集めていますね。

そこで、映画となると、やはり、気になるのは、興行収入です。

鬼滅の刃の映画では、興行収入はいくらになるのか?について、歴代のランキングから予想してみましょう。

 
スポンサーリンク
 

鬼滅の刃の映画の興行収入はいくらになる?

鬼滅の刃の映画の興行収入はいくらになるのでしょうか?

興行収入とは、何か?について、おさらいしておきましょう。

分かりやすく説明しますと、興行収入とは、映画を観るために、劇場の入場者が劇場に支払った1作品の毎の総額のことをいいます。

入場料×有料入場数で、求めることが出来ます。

初日の全国の動員数は100万人を超えたようですね。

 
スポンサーリンク
 

鬼滅の刃の映画の初日の興行収入はいくら?

鬼滅の刃の映画「無限列車編」の初日の興行収入はいくらだったのでしょうか?

こちらについて、調査したところ、なんと、初日は10億円を超えたということでした。

そして、鬼滅の刃の映画「無限列車編」の公開日2020年10月16日は金曜日。

つまり、土日に入り、月曜日は祝日ということなので、全国の映画館の動員数は、さらに伸びる可能性があります。

※初日の興行収入は12億円という結果に。

 
スポンサーリンク
 

鬼滅の刃の映画の興行収入を歴代ランキングから予想!

鬼滅の刃の映画の興行収入を歴代の興行収入のランキングから、予想してみましょう。

ちなみに、1位は、ご存知の方もいるかもしれませんが、ジブリの「千と千尋の神隠し」の308億円です。

2位は、タイタニックの262億円

3位は、アナと雪の女王の255億円

4位は、君の名は。の250.3億円

5位は、ハリーポッターと賢者の石の203億円

などなど、歴代の興行収入ランキングは、どれも桁違いの数字となっています。

現在、予想されているのは、100億円を超えるのか?という点です。

 

100億円となると、これらの作品が挙げられます。

100億円~110億円の作品を確認してみましょう。

・パイレーツオブカリビアンデッドマンズチェスト

・トイストーリー4

・踊る大捜査線

・ロードオブザリング 王の帰還

・インデペンデンス・デイ

・トイ・ストーリー3

・パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド

どれも、有名・人気の一言では表すことのできない作品ばかりですね。

 

中には、君の名は。を超えるんじゃないか?と予想する人もいます。

君の名は。は250億円です。

 

また、鬼滅の刃は深夜帯のアニメ作品というジャンルからも、考えることもできますね。

深夜帯アニメの映画の1位は、ラブライブの28.6億円です。

初日で既に、10億円を超えていますので、間違いなく、超えることでしょう。

 

勢いがどこまで、続くかは、到底予想は尽きませんが、100億円は超えそうですね。

 
スポンサーリンク
 

「鬼滅の刃の映画の興行収入はいくらになる?歴代ランキングから予想!」まとめ

今回は、鬼滅の刃の映画の興行収入がいくらになるか?について、見ていきました。

いったい、鬼滅の刃は最終的にいくらになるのでしょうか?

注目です!

興行収入が多いということは、人もそれだけ、映画館に入るということです。

鬼滅の刃の映画公開に伴い、映画館の状況がどうなっているか?について、知りたい方は、こちらの記事でご紹介しています。

鬼滅の刃の映画館の状況は?密・クラスター対策を調査!

 

 
スポンサーリンク
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました