イグノーベル賞(2020)の受賞内容まとめ!ツイッターの反応も紹介!

イグノーベル賞2020の受賞内容が発表されました。

今回は、イグノーベル賞(2020)の受賞内容まとめとツイッターの反応も紹介していきます。

 
スポンサーリンク
 

イグノーベル賞(2020)の受賞内容まとめ!日本人からは音響学賞が!

人々を笑わせ、考えさせた業績に贈られる「イグ・ノーベル賞」の発表が17日(日本時間18日)にあり、日本人を含む研究チームに「音響学賞」が贈られた。声色を変える無害なヘリウムガスをワニに吸わせ、鳴き声の変化を調べた。日本人の受賞は14年連続だ。

出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/3c6493b278be7e8867aa80b84702116872d5fb1f

イグノーベル賞2020の受賞内容の発表が行われたようですね。

このイグノーベル賞では、14年連続で日本人の受賞もありました。

ルンド大(スウェーデン)のステファン・レバー博士研究員や京都大 霊長類研究所の西村剛准教授を含むのチームです。

今回のイグノーベル賞での、受賞内容をまとめました!

音響学賞:ワニもヘリウムガスを吸うと変な高い声を出す(日本人受賞)

心理学賞:眉毛でその人のナルシスト度合いを測る方法

平和賞:インドとパキスタンの外交官が、互いにピンポンダッシュの嫌がらせの応酬をしたこと

物理学賞:高周波下でミミズの形がどうなるか

経済学賞:ある国の所得格差とその国の人がキスする度合いとの間の関係性の比較分析

経営学賞:殺人依頼が次々と下請けに出された結果、誰も殺人をしなかった(中国の事件)

昆虫学賞:多くの昆虫学者は、昆虫ではない蜘蛛を恐れることの証拠

医学賞:長らく見過ごされてきた「咀嚼音嫌悪症」の診断

医学教育賞:政治家はいかに科学者や医者よりもヒトの生死を操れるかを、新型コロナで実証したこと(トランプ、ボルソナロ、プーチンなど)

物質科学賞:ウンコを凍らせて作ったナイフではうまくものが切れないことについて

引用元:@Perfect_Insider

 
スポンサーリンク
 

イグノーベル賞(2020)の受賞内容まとめ!ツイッターの反応も好評!

 
スポンサーリンク
 

「イグノーベル賞(2020)の受賞内容まとめ!ツイッターの反応も紹介!」まとめ

今回は、イグノーベル賞(2020)の受賞内容について、みていきました!

面白い受賞内容の数々ですよね^^

 
スポンサーリンク
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました