宿題代行(勉強代行)は文部科学省にバレるの?ばれた人はいたのか?

長期休暇は学生にとっては、最高の期間ですよね。

しかし、必ずといっていいほど、頭を悩ませるものがあります。

それは、「宿題」です。

今回は、宿題のについて、宿題代行というものが注目を集めていますので、文部科学省にバレるのか?ばれた人はいたのか?について、見ていきましょう!

 
スポンサーリンク
 

宿題代行(勉強代行)は文部科学省にバレるの?長期休暇の毎回の話題に!

新型コロナウイルスの影響で、小・中学生は例年よりも短い夏休みとなりました。これにより、夏休みの宿題も少なくした学校もありますが、それでも夏期講習や習い事などで忙しい子どもたちには負担となっているようです。

8月18日に放送された朝の情報番組「グッとラック!」(TBS系)では、子どもたちの宿題を代わりにおこなう「宿題代行」が特集され、ネットでも話題となりました。

出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/29c3fbca1b820635f0611e326837e8a49fd5fa02

宿題代行(勉強代行)については、最近の話題という訳ではなさそうですね。

確かに、一度は、思ったことありますよね。

「自分がもう一人いればいいのに、、、」

「誰か代わりにやってほしい!」

長期休暇は学生にとって、いわゆる一つの楽しみでもあるので、「宿題」をいかに楽に終わらせるかは、重要です。

 
スポンサーリンク
 

ネット上の反応

宿題代行については、賛否両論ありますね。

当然かと思います。

宿題の取り組み方、意味について、しっかり理解しましょう。

宿題の思い出を語る方もいらっしゃいました。

どんな、「宿題の思い出」をお持ちでしょうか?

中には、宿題代行をやってみたいと意欲的な方も。

 
スポンサーリンク
 

宿題代行(勉強代行)は文部科学省にバレるのは本当?ばれた人はいたのか?

宿題代行(勉強代行)について、賛否両論ありますが、「文部科学省にバレる」といった噂があるようですね。

そして、ばれた人はいたのでしょうか?

まずは、文部科学省の宿題代行についての見解をご紹介します。

文部科学省

文部科学省では「バレる」ことで何かしらのペナルティや措置を行うとの説明はありませんでした。

基本的には、お金が絡むものを禁止するとのことです。

現在、宿題代行関連で、文部科学省から禁止されているものとしては、以下の2種類が公表されています。

・宿題代行のサービスを提供すること

→宿題代行を行いますとお金絡めて販売することです。

例)読書感想文を○○円で代行します! ×

・宿題代行の一つとして、認知されている「宿題の完成品」などの販売すること

例)レポートの完成品、読書感想文の完成品などの販売 ×

そして、文部科学省にばれた人はいたのか?についてですが、こちら、今のところ、事例はないようですね。

文部科学省は一般人でも商品の販売が可能な大手通信販売サイトである、ヤフー、楽天、メルカリと「宿題代行」関連の販売禁止を合意していますので、それらのサイトからのペナルティや措置はあると思います。

文部科学省は「自分で宿題に取り組むことの大切さを周知」する活動を今後も継続していくということでした!

 
スポンサーリンク
 

「宿題代行(勉強代行)は文部科学省にバレるの?ばれた人はいたのか?」まとめ

今回は、宿題代行の話題について、見ていきました!

宿題代行を使わなくて済むように、計画的にこなしていきましょう!

自分でやった方が自分のためになりますよ^^

 
スポンサーリンク
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました